女性は見た目が良い方が有利なのではないか

本日は婚活についてのお話をさせていただきますが、昨今は女性でも結婚適齢期が高くなっておりますので、30代や40代の方でも未婚の女性が多くいます。ですので婚活パーティーに行っても40代の女性がいることが決して珍しくはないのですが、割と直ぐにカップルになれる人と、容姿は悪くはないのですがなかなかパートナーが出来ない人とに分かれます。普通に考えると20代や30代ではありませんので男性からすると、やはり40代の女性は見た目が良い方が有利なのではないかと思ってしまいがちですが、実際の所はその逆になるのです。
確かに婚活パーティーに行くとまず男性は綺麗な女性に目が行き、話をしてみたいと思いますが、40代になっても独身だと言うことは、それまでの仕事や人生経験から培ってきた高いプライドあります。決してプライドを持つことが悪いと言う訳ではないのですが、婚活に参加している同世代の男性がどうして40代女性を結婚のターゲットにしているのかと言うと、それは『癒し』を求めているからなのです。
婚活パーティーでは最初に相手と話す時間帯としてはほんの数分になるのですが、その時に『私はキャリアウーマンで仕事には妥協しません』ですとか『今は共働きの時代なので平日の夜ごはんは外食を基本としたいです』などと言った発言をしてしまうと、それを受けた男性側としては例え容姿端麗な女性だとしても『この女性と結婚をしたら疲れるだろうな』と思ってしまいます。
なので40代だからと言っても女性ですので年齢に関係なく男性に甘えたり、優柔不断の部分があったり可愛い洋服を着たりなど、いつもと同じく自然体で変わらない姿を出した方が成約率は高いのです。
それと言うのも男性側も格好をつけて女性を口説こうと思う年代ではありせんので無理をしないでいつも一緒にいても疲れない女性を求めているからなのです。ですので女性側としては40代だからと言って決して飾らずに素直な日常溢れる姿のままで接する姿に男性は癒しを感じるのです。ぜひこれから婚活をされる40代女性の方は参考にしていただけたらと思います。