自分の長所で相手をどうやって幸せにできるのか

結婚は女性の人生の中でも一番と言っても良いほど華々しい第二の人生のスタートとなります。だからと言って婚活中にどうやったらイケメンでお金持ちで背が高くて友達に自慢できる男性をゲットできるのかと、自分のことばかりを考えていると幸せはやって来ませんし、良い結婚生活を送ることもできません。
ですのでそうならない為にも真剣に婚活を行う為の心構えとしては、決して自分のことだけではなく相手のことも考える気持ちの大きさを持つ必要があります。具体的なお話をさせていただきますと、まず結婚に近い考え方をする方は『自分の長所で相手をどうやって幸せにできるのか』と言うことを考えます。例えばお料理が好きな方であれば旦那様の健康を気遣いながらも、美味しくて旦那様の好物料理を作ってあげられるとか、気持ち的にポジティブな方であれば、旦那様がお仕事で落ち込んだ時に励ましてあげることができるなど、自分が相手にしてあげられることを考えて一緒に幸せになろうとします。そして男性にもそう言う気持ちが伝わりますので、婚期が近づくいてくるのです。
逆に結婚を遠ざける人は『どうすればモテるのか?』と言うことばかりを考えます。これは女性としては決して悪いことではないのですが、でもあまりこの気持ちばかりが先行してしまうと男性に色目を使ったり肌の露出が多い派手な洋服で男性を惹きつけようとします。そして自分に飛びついてきた男性の中から自分のプライドや好みに合った男性を見つけようとします。確かに見た目で言うと男性は綺麗な女性は嫌いではありませんが、ただ婚活として考えた場合に、もしもその女性が外見だけで中身が充実していない場合には男性あまり見た目には固執しない場合が多いのです。
また前者で述べた相手を幸せにする気持ちと言うのは実は男性は何歳になっても母親が好きなのでいくら隠していてもマザコンチックな人が多いのです。ですので家庭的であり、ある意味甘えられる女性像という気持ちもありますのでそんな一面も引き出せる女性であると尚更婚期が近づくでしょう。